耳鳴り 投薬治療

耳鳴りの投薬治療について

耳鳴りの治療法の一つ、投薬治療についてご紹介します。


一般的に、耳鳴りの治療に薬が処方されることが多く、耳鳴りの原因に合わせて薬が処方されるので、同じような耳鳴りの症状であっても、異なる薬を処方されることは珍しくありません。

そこで、耳鳴りの原因に合わせて、よく用いられる薬にはどのようなものがあるか、ご紹介しますので、ご自分の症状と照らしあわせてみて下さい。


耳鳴りの治療薬


・血管拡張剤や代謝改善薬・・・血液の循環や、水分量に問題があることによって引き起こされる内耳の疾患の場合に処方される

・抗不安剤や抗うつ剤・・・耳鳴りによる不安やストレスがある場合に処方される

・自律神経調整剤や副交感神経抑制剤・・・自律神経の乱れが原因の耳鳴りや、めまいなどを併発している場合に処方される

・ステロイド・・・聴神経の興奮をおさえる

・抗ヒスタミン剤やベータブロッカー・・・耳鳴りに吐き気やめまいを併発している場合に処方される

・ビタミン剤・・・耳の神経の働きを良くする

・血流改善剤・・・耳の血流を良くする


耳鳴りの投薬治療に使われる薬をいくつかご紹介しましたが、ほとんどの場合、副作用の心配はありませんが、まれにほてりや発疹などの副作用が起こることもあります。
また、他の薬との併用によっても、副作用が起こることもありますので、気になる症状が出た場合は、医師の診断を受けるようにしましょう。