耳鳴り 種類

耳鳴りにはいくつか種類があります

耳鳴りと一言で言っても、いくつかの種類があることをご存知でしょうか?

ここでは、耳鳴りの種類についてお話させていただきますので、ご自分の症状と照らし合わせていただき、治療にお役立てください。


耳鳴りの種類


1.他覚的な耳鳴り

他覚的な耳鳴りとは、耳鳴りのある側の耳に聴診器などをあてると、第三者にも聞こえる耳鳴りです。
耳鳴りの音は、「ザーザー」や「ドクンドクン」、「カチカチ」、「コツコツ」など、血管内の血流による雑音や、耳の周りの筋肉が収縮するときの雑音である場合がほとんどです。
耳の周囲の血管異常、高血圧、顎関節症などが原因と考えられます。


2.自覚的な耳鳴り

本人にしか聞こえない耳鳴りで、ほとんどの場合がこのケースの耳鳴りです。
耳鳴りの音は、「キーン」や「ジージー」、「ピー」など高い音で、蝉の鳴き声のように聞こえるという方もいます。
音の聞こえ方は、1種類の音の場合もありますが、いくつかの音が合わさって聞こえることもあります。
内耳や聴神経の異常によって引き起こされることが多く、難聴に伴って起きることが多々あります。


3.生理的な耳鳴り

真夜中などの静まり返ったときに、「シーン」という音が聞こえることがありますが、生理的な耳鳴りと言って、誰でも聞こえる耳鳴りなので心配ありません。


この他にも、耳鳴りと同時にめまいや、吐き気、頭痛などの他の症状が出る場合もありますので、すぐに耳鼻咽喉科を受診するようにしてください。


耳鳴りの中には、全く心配のいらないものから、重篤な病気が隠れている場合など、様々なケースが考えられますので、気になる症状が出たら、すぐに専門医に診てもらいましょう。