耳鳴り 難聴

耳鳴りが継続して起こる場合、注意が必要です

耳鳴りが継続して起こる場合、難聴が疑われます。

ここでは、耳鳴りと難聴の関係についてご紹介しますので、耳鳴りの症状が治まらない、最近、耳が遠くなった気がする、などとお悩みの方は、参考にしてください。


まず、難聴とはどういう症状なのか、確認しておきたいと思います。

難聴には、「伝音性難聴」と「感音性難聴」の2つがあります。

「伝音性難聴」とは、音を伝える構造器官の異常によるものであり、「感音性難聴」とは、音を感じる器官の異常によるものです。

難聴の症状としては、音が聞こえにくくなる、音は聞こえているが、聞き分けにくく、何を言っているのか理解できないなどがあります。
いずれの場合も、高齢者に多く見られる症状ですが、最近では、30代などの若い世代の方にも増えています。


「伝音性難聴」は、中耳炎や鼓膜の損傷、耳小骨の異常などによって引き起こされ、耳鳴りの症状と合わせて発症することが多くあります。

「感音性難聴」は、高い音域の音が聞こえにくくなり、内耳から大耳の間の障害が原因で起こることが多いようです。
メニエール病や突発性難聴、老人性難聴、聴神経腫瘍などで多く見られます。


難聴の原因になり得る病気は、その前兆として耳鳴りが起こることがあるため、耳鳴りがなかなか治らない場合や、音が聞こえにくくなったり、音を聞き分けにくくなるなど、難聴の症状が出た場合は、速やかに受診して下さい。

早期に治療を行うことで、症状の進行を止めることができますし、適切な治療によって、短期間で改善することができますので、耳鳴りだけでなく、耳に異常を感じたら、耳鼻咽喉科で見てもらってください。