早く気づいてあげたい 子供の耳鳴り

耳鳴りは、大人特有の病気だと思っている方もいると思いますが、子供の耳鳴りもあります。

子供は、低年齢であればあるほど、うまく症状を伝えることができませんので、耳鳴りの症状があっても、わかりにくい場合が多くあります。

ここでは、少しでも早く子供の耳鳴りの症状に気付き、適切な治療を受けさせてあげるために役立てていただきたいと思い、子供の耳鳴りについて詳しくご紹介したいと思います。


子供の場合、大人と比べて、耳の構造が未発達のため、感染を起こしやすくなっています。
そのため、大人と比べると、中耳炎などにかかりやすいのです。

風邪をひいたら必ず鼻水・鼻詰まりになり、中耳炎などにかかるというお子さんをお持ちの方も多いのではないでしょうか?
中には、子供が風邪をひいたら小児科ではなく、耳鼻科に連れて行くという方も少なくないでしょう。

この中耳炎が、耳鳴りの原因の一つになっており、中耳炎の治療を行うことによって、耳鳴りの症状も改善されます。

また、肺炎球菌やインフルエンザ菌が、急性中耳炎を引き起こしていることもあり、耳鳴りの症状を悪化させていることもあります。
子供の耳鳴りの原因には、日常生活において大きな音を聞くこともあります。
テレビを大音量で聞いたり、イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くことによって、耳鳴りや難聴を引き起こすこともあるのです。


そしてもうひとつ、小中学生の女の子に多いのが、ストレスによる耳鳴りです。
友達関係や家庭不和などが原因となって引き起こされます。


これらの耳鳴りは、本人に自覚症状がない場合も多く、第三者にとっては気づきにくいのですが、ほうっておくと治りにくくなってしまいますので、日頃から耳の状態に注意してあげて下さい。

耳鳴りの症状はなくても、聞こえにくかったり、何度も聞き返すなど、いつもと違うと感じたら、早めに耳鼻科に連れて行ってあげて下さい。