耳鳴り 原因

耳鳴りの原因について

音源がないのに、キーンという音がするなど、耳鳴りの症状がでるのには、なんらかの理由があります。

病気が原因によるものや、全く心配のないものなど、耳鳴りの原因は様々あるのですが、ここでは、その耳鳴りの原因についてご説明したいと思います。
ご自分の耳鳴りの症状が、どの原因に当たるのかを知っていただき、治療にお役立ていただければ幸いです。


耳鳴りの原因


・中耳・内耳の異常

難聴やメニエール病などの病気が引き金となって起こり、内耳の炎症、損傷、腫れ、リンパ液などの水の滞留が原因である

・中耳管の異常

中耳内の気圧と外気圧のバランスを保つ役割である耳管が、鼻炎や風邪ウィルスによって炎症を起こし、閉塞することによって、中耳内と外気圧のバランスが取れなくなり、鼓膜
に圧力がかかることによって、耳鳴りが起こる

・頸椎のゆがみ、むち打ち、頸椎の圧迫、頸部や肩のこりによるもの

・聴神経腫瘍や脳腫瘍、脳動脈硬化、動脈瘤などの中枢神経疾患によるもの

・ストレスなどの精神的なものによるもの

・急性音響性難聴

騒音状態から静かな環境に移動した際に、耳鳴りを強く感じることがあり、ほとんどの場合、時間が経過すると消えるが、聴覚神経の疲労と生理的な耳鳴りが同時に起こることがあり、数日経過しても改善されないことがある

・貧血によるもの

・アスピリンによるもの


耳鳴りの原因には、様々なものがあるのですが、全く心配のないものから、重大な病気が隠れている場合もありますので、耳鳴りの症状が長期にわたる場合は、病院で診てもらうようにしましょう。