耳鳴りを治す方法

耳鳴りを理解して、耳鳴りを治しましょう

耳鳴りの症状でお悩みの方の為に、耳鳴りを治す方法について調べてみましたので、ご紹介します。

まず、耳鳴りの症状を解消するためには、耳鳴りについて理解する必要があります。
耳鳴りの原因が何なのか、耳鳴りにはどういう種類があるのか、また、耳鳴りに隠された心配な病気とは?、耳鳴りの症状には具体的にどういうものなのかを知ることによって、効果的に治療を行う事ができます。

また、耳鳴りとめまいの関係や、耳鳴りと難聴の関係など、耳鳴りとかかわりが深い病気や、子供の耳鳴りについてもご紹介していますので、参考にしてください。
次に、耳鳴りの治療法についてご紹介しています。

耳鳴りの治療法には、症状や程度などに合わせて様々な方法があります。
耳鳴りを根本的に治療できなくとも、症状を緩和したり、解消したりすることができる対症療法や、症状を改善する効果的な薬や、精神的なアプローチによって症状を解消する精神療法、漢方薬によるもの、手術、サプリメントなど、様々な治療法をご紹介していますので、治療法を考える際に、お役立てください。


最後に、自分でできる耳鳴り対策をご紹介しています。

自宅で手軽にできる即効性のある症状解消法や、ツボ押し、アロマテラピー、マッサージなど、心身ともにリラックスできる方法や、耳鳴りに効果がある食べ物の紹介や、気をつけたい生活習慣などをわかりやすくご紹介していますので、やってみてください。

どれも今からできる簡単な方法なので、耳鳴りはあるけど、病院に行くほどではない、病院に行く時間が取れない、自分でできる耳鳴りの対処法を探しているなどという方は、ぜひ参考にしてください。


耳鳴りは、その症状や程度によっては、命にかかわるほど重篤な病気が隠れている場合があります。
日常生活に支障をきたすほどの症状でお悩みの方や、他の症状を併発している場合などは、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

耳鳴りのコラム

耳鳴りの原因とは?


一言で耳鳴りと言っても、全て同じというわけではありません。
原因が違いますし、症状にも違いがあるため、耳鳴りを治したいのであれば、まずは原因を探ることが大切です。
耳鳴りの原因ですが、はっきりとわかっていないことも多く、耳の「聞こえ」を司っている部分のどこに障害があっても起こります。

まず考えられるのが、「難聴」による耳鳴りです。
耳鳴りがする方の約90%が、「難聴」であるといわれており、耳鳴りの大きな原因になっています。
難聴には、加齢によるものもあれば、病気によるものもあります。

次に耳鳴りの原因として考えられるのが、「メニエール病」です。
「メニエール病」と言えば、めまいが代表的な症状ですが、耳鳴りも同時に起こったり、前後して起こります。
その他にも、ある日突然なる「突発性難聴」や、コンサートなどの大音量を聞いた後で起こる「騒音性難聴」、耳の奥に腫瘍ができる「聴神経腫瘍」などの病気が原因で起こります。


どの位の人が耳鳴りになる?


耳鳴り自体は病気ではなく、症状の一つであるのですが、耳鳴りで悩んでいる方は全国で600万人以上いると言われています。
耳鳴りの程度や、持続時間などに違いがありますが、人口の10%〜20%の方が、耳鳴りを経験しているようです。
さらにそのうちの約10%の方が、生活に支障をきたすほど深刻な耳鳴りの症状を抱えているようです。

特に、65歳以上の方になると、3人に1人が耳鳴りの経験があるとされています。

また、1種類の音が聞こえていることもあれば、数種類の音が聞こえていることもあります。


耳鳴りの治し方


不快な耳鳴りですが、自然と治まることもありますが、持続することもあります。
大音量を聞いたことによる「騒音性難聴」などは、一時的な耳鳴りであり、自然に治ることがほとんどですが、何らかの治療法が必要になることも多いです。

耳鳴りを治すには、耳鳴りの原因を知り、治療することが必要になってきます。
耳鳴りの治療法には、「心理療法」「音響療法」「TRT療法」「薬物療法」などがあります。
耳鳴りは、イライラやストレス等によって強く感じることがあるので、心理的な治療も耳鳴りに必要になることがあります。

「音響療法」とは、音によって耳鳴りの症状を軽減しようというものであり、自然の音や波の音、川のせせらぎ、鳥の声などのCDが利用されることが多いです。

「TRT療法」とは、慢性化した耳鳴りに適用される治療法で、耳鳴りの音を消してしまうのではなく、気にしなくさせる治療法です。
つまり、聞こえているけど、その音を意識しなくなる方法です。

「薬物療法」は、読んで字のごとく、薬によって耳鳴りを治療する方法です。
内服薬や注射によって耳鳴りを治療します。
病気が耳鳴りを引き起こしている場合は、その病気を治療することになります。